奇美医院、Vonage APIの力を借りて命を救う

台湾の奇美医院の救命救急患者は、Vonageの Voice APIの救急アラートにより、さらに迅速なレスポンスとより高いレベルの治療を受けています。スタッフはVonageのビデオコミュニケーションを使用し、業務をより効率的に実行できます。

タブレットで患者に関する情報を確認する医師

Vonageのソリューションと機能

奇美医療

課題

効率を高め、一刻を争う専門的な治療が必要な急性患者に対応するまでの時間を短縮する方法
奇美医療

ソリューション

Vonage Video APIとVoice API
奇美医療

成果

救命救急患者は、VonageのVoice APIの救急アラートにより、さらに迅速なレスポンスとより高いレベルの治療を受けています。スタッフはVonageのビデオコミュニケーションを使用し、業務をより効率的に実行できます。救命治療における患者の待ち時間が10分短縮し、病院職員の生産性は10〜15%改善しました。

奇美医院における革新的テクノロジーの重要性

台南市(台湾)の奇美病院は、雲林-嘉義-台南エリアで最大の総合医療施設です。300万人を超える患者に高品質の医療サービスを提供する奇美病院は、安全で高品質な医療を提供すること、そして病院スタッフやコミュニティの健康とウェルビーイングをサポートすることに力を入れています。この病院はまた、医療専門家のための教育の場でもあります。

奇美病院のシニアシステムアナリスト兼プログラマー、Lin Jingjiaによれば、継続的なイノベーションを行い、高度な技術に適応することが、台湾の医療業界に求められているといいます。これは特に、医療センターで当てはまります。

「大病院間の競争は非常に激しいです。奇美病院のIT部門は、効率性と患者体験を改善する新しいテクノロジーを見出すことを任されています。これは、より便利で高度な医療サービスを患者に提供するためです」と、Jingjiaは説明します。

奇美病院がVonageのVoice APIとVideo APIを通信システムに実装したのは、最高かつ最も革新的な医療テクノロジーを使用したいという願いがあったためです。Vonageのテクノロジーにより、奇美病院の仕事効率は向上しました。また、デジタルコミュニケーションが改善され、病院のスタッフと医師の効率性が向上しました。

Vonage Voice API:時間の節約で命を守る

奇美病院はVonage Voice APIを主に使用して、最優先で対処する必要がある緊急事態を医療スタッフに警告しています。たとえば、非常に深刻な種類の心臓発作であるST上昇型心筋梗塞(STEMI)が関わる状況を例にとってみます。このような状況の場合、患者の治療が数秒遅れるだけで、健康へのリスクが高まります。STEMIが起きた状況では、患者の主幹動脈の1つが詰まり、心筋の大部分で血液を受け取ることができなくなります。迅速な医療処置が重要です。

VonageのVoice APIにより、奇美病院のICUとSTEMI病棟にいて、STEMI治療に対応可能な、適当な医師にクリティカルアラートの通知が発信されます。勤務中の医療スタッフは、患者がこのタイプの心臓発作を発症していることを示す高いクリティカルパターンに気づいたら、モバイルデバイスのアラートボタンを押してVonage対応のText-to-Speech(TTS)による音声アラートをトリガーします。この音声アラートは、対応可能な心臓専門医と心臓カテーテルスタッフの携帯電話に送信されます。その後、医師が緊急で患者に救命治療を施します。

Vonage APIを導入する前の通知の配信は、手動で時間のかかるプロセスでした。勤務中の医療スタッフが、STEMI治療に対応可能な関連スタッフを特定し、個別に電話して緊急事態を知らせなければなりませんでした。「Vonage Voice APIを使用することで、スタッフが医師や現場の介助者に手作業で電話をかける必要性がなくなりました」とLin Jingjiaは説明します。

「節約された時間で、実際に命が救われています。STEMI治療における患者の待機時間は平均10分短縮されました。STEMI治療の『ゴールデンウィンドウ』が90分であることを考えると、この10分は非常に貴重です。また、この新しいシステムを導入してから、スタッフの生産性が10〜15%向上しました」

Vonage Video APIでリモートビデオ会議に拡張機能を追加

Vonage Video APIは、奇美病院にとってもう1つの重要なテクノロジーです。Vonage Video APIで、以下のようなリアルタイムの、インタラクティブな体験が実現しました。

  • 医師どうしによるビデオ相談

  • 医師、患者、患者の家族(通常は外国に住む家族)間のリモートビデオ会議

  • 教育目的のリモートビデオ会議(医師とインターン生の間)

Lin Jingliaは以下のように述べています。「Vonage Video APIは、以前使用していた商用のビデオ会議ツールよりもはるかに優れています。プログラムを開発することで、柔軟性を向上できます。また、医療記録として重要となるビデオ映像をアーカイブすることもできます」

Lin Jingliaによれば、Vonageのテクノロジーと併せて利用できるサポートも極めて重要であるといいます。「現代のテクノロジーが変化するスピードは速いです。テクノロジーそのものに加え、サービスやサポートを提供するチームも高度化する必要があることは明らかです。Vonageチームの対応はいつもスピーディであり、また特定の問題を解決するために調整されたサポートを提供してくれます。彼らのおかげで、多くの時間が節約されました」

Vonage APIのメリット

Lin Jingliaが説明するように、VonageのAPIで奇美病院の主要な問題が解決されています。VonageのVoice APIは仕事効率の向上に役立っています。また、Video APIは新しいコミュニケーションの様式を生み出しました。2つのAPIをともに使用することで、病院スタッフと医師がデジタルコミュニケーションに適応できるようになりました。また、奇美病院の競争力はより高まり、人々により良いサービスと体験を提供できるようになりました。

彼は、VonageのAPIを使用することの利点は主に以下の3つであると説明します。

  • 簡単に構築可能なAPI

  • 豊富な機能

  • セールスチーム、技術チームからの充実したサポート

Lin Jingliaは以下のように説明します。「全体として、Vonageの導入による効果は非常に良いものです。Voice APIシステムでより良いサービスとケアを患者に提供でき、また医師や看護師はより効率的に業務を行うことができます。特に緊急治療のクリティカルアラートは、医師と患者の両方にとって有益なものになっています」



Deskphone with Vonage logo

専門家にご相談ください。