プライベートSMSコミュニケーション

テキストメッセージを介してユーザーを非公開で接続。プライバシーを保護しながら、コミュニケーションを促進します。
無料お試し
Stylized illustration of a figure waving at a car with the driver waving back. Speech bubbles between the two indicate SMS communication

プライバシーを与える

プライバシーを犠牲にすることなく、コミュニケーションを可能にしましょう。ユーザー間での会話のために安全なスペースを作成しましょう。

収益の漏れを防ぐ

当事者間の会話やトランザクションが、プラットフォーム上に留まるようにしましょう。

新しいインサイトを得る

会話のコントロールを活用して分析を実行し、ビジネスの新しいインサイトを生成します。

プライベートSMSの仕組み

Chat bubble
1

ユーザー「A」が会話を開始します

アプリケーションが提供するローカル番号を使用し、ユーザーは別のユーザーとのテキストによる会話を開始します。互いに実際の番号を知ることはありません。
2 chat bubbles
2

ユーザー「B」がメッセージを受け取ります

受信者は送信者からテキストメッセージを受け取ります。発信者IDとして、ローカル番号か貴社のブランドが表示されます。送信者の実際の番号は表示されません。
Interlocking chat bubbles
3

会話が続きます

ユーザー「A」とユーザー「B」は、SMSで交渉したり取引したり、双方向の会話を自由に行うことができます。実際の番号を開示することはありません。

このソリューションで使用するプログラマブルエレメント

プライベートSMSにVonage APIを選択する理由

ローカルでフレンドリー

どの場所でも、ユーザー基盤を拡張するのに必要な、ローカルの仮想番号があります。信頼できるユーザーエクスペリエンス実現のため、SMS発信者IDをローカル番号に設定しましょう。

必要に応じて番号をクリーンにする

Vonage APIからプロビジョニングする番号は、テストされ隔離されていて、ユーザーが会話の途中でランダムなメッセージを受信したりすることはありません。

最短の遅延

遅延には2つの方法で対処します。通信キャリアへの直接接続により、世界のすべての地域へのゼロホップまたはワンホップのルートを提供できます。また、アダプティブルーティングアルゴリズムが、リアルタイムで最適なルートを見つけます。

管理可能なコスト

Vonage電話番号APIを使用し、必要な仮想番号だけを、要求に応じて動的にプロビジョニングします。コストのかかる、番号の在庫維持はもう不要です。また、Vonage APIのインバウンドSMSメッセージは常に無料、さらに節約できます。

詳細なデータインサイト

Vonage APIダッシュボードやManagement APIを便利に使い、支出、メッセージ量、パフォーマンスを簡単に監視できます。

[The Vonage] SMS APIを使用すると、即座にグローバルに拡張できるだけでなく、ビジネスに不可欠なメッセージを適切なタイミングで適切なユーザーに、世界中のどこにでも配信できます。」 マルクス・エマー、RoadmapのCMO・共同創設者

関連するプログラマブルソリューション

二要素認証 SMSや音声コードによってモバイルデバイスを介して、ユーザーを検証します。
プライベート音声コミュニケーション 顧客が自身の電話番号を保護しつつ、電話でコミュニケーションできるようにしましょう。
パスワードなしの認証 静的パスワードを、SMS、音声、プッシュを介して送信される使い捨てコードに置き換えます。

無料お試し

今すぐ無料で開発を始めましょう。クレジットカードは必要ありません。
Screen grab of the API Developer Center showing code that can be copied for use.
Deskphone with Vonage logo

専門家にご相談ください。