セールスとサービスのエンゲージメントを自動化

研究によると、見込み客とつながるためには平均8回もの試みが必要です。残念ながら、平均的な営業担当者やサービスエージェントは、通常、2回試しただけで諦めてしまいます。Vonage Cadenceで効率を向上させる時が来ました。

データシートをダウンロード
Vonage Contact Center screen share
Call agents, smiling and chatting
コンタクトセンターの自動化

適切なCadence

Vonage Cadenceは、コンタクトセンターの自動化ツールです。発信通話パターン(Cadence)を設定することで、見込み客や顧客とのつながりを成功に導くことができます。必要な基準に一致する連絡先は、CRMから自動的に取得されます。そして、それは割り当てられた担当者やエージェントにプッシュされ、CRMに保存されたCadenceの各ステップの動的な呼び出し結果が表示されます。各通話は次のステップ(別のアクション(Cadenceの継続)または結果の記録(結論)のいずれか)を促すために評価されます。

  • 効率性:管理時間を短縮し、担当者とエージェントが販売とサービスに専念できるようにします

  • 順守:担当者とエージェントがアウトバウンドキャンペーンのルールに従っていることを確認し、CRM内のすべてのアクティビティを記録します

  • パフォーマンス:エージェントは時間を最大限に活用できるため、オンボーディングを加速させ、つながりを増やすことができます

Illustration of a person interacting with a sales/service agent via chat in a laptop browser.
セールス

セールス向けCadence

Vonage Cadenceを使用すると、アウトバウンドコミュニケーション戦略全体を構築し、コンタクトセンターの営業担当者のプロセスを自動化できます。これにより、管理時間が短縮され、アウトバウンドキャンペーンのルールに従うための手動の手順を排除できます。

  • 価値の高い見込み客に優先順位をつけ、リードの適格性を高め、より多くのパイプラインを生成できます

  • 呼び出しパターンに従うことで、オンボーディングを加速し、ダイヤル率を上げ、接続を最大化できます

  • より多くの見込み客と関わり、アップセルとクロスセルの機会を促進します

  • 再現性のある成功を確実にするための重要なインサイトが得られます

Contact center agent in the cloud abstract image
サービス

サービス向けCadence

主要なアナリストは、ほとんどの企業が現在、顧客体験だけで競争していると述べています。既存の顧客は最も価値のある資産であるため、CSATスコアを上げたり、予定を組んだり、約束どおりにフォローアップしたりするには、効果的で自動化されたコンタクトセンター戦略が必要になります。

  • データを使用して最適なフォローアップを決定

  • CSATを改善し、顧客ロイヤルティを高め、アップセルを促進

  • 顧客の解約率の減少

  • サービス品質保証(SLA)を達成

記事
コンタクトセンターでなぜCadenceが必要なのか
発信通話パターンを構成して接続の成功を促進するために役立つビジネスプロセス自動化ツール、Vonage Cadenceの詳細をご覧ください。
Deskphone with Vonage logo

専門家にご相談ください。