イノベーション(とブリトー)の提供:KiwibotはVonage Video APIを使用してロボットを操縦

Kiwibotモバイルアプリを使用すると、食料品や荷物、雑貨などを携帯電話から注文できます。小型の4輪ロボットがレストランや店舗に派遣され、購入した商品がロボットの上部にある荷物受けに入れられます。その後、ロボットはVonage Video APIの助けを借りて路上を移動し、注文を相手のドアに届けます。注文した人は携帯電話で荷物受けのハッチを開け、商品を受け取ります。とても簡単です。

キャンパス内のKiwibotロボット

KiwiBot uses the Vonage Video API to help navigate delivery robots

Vonageのソリューションと機能

Puzzle piece

課題

Kiwibotは、配達ロボットの「目」となるような、使いやすいビデオソリューションを必要としていました。既存のプラットフォームに直接接続でき、複雑なコードを書かなくても使えるもの
Lightbulb

ソリューション

Vonage Video API
Key

成果

Vonage Video APIとVonageサポートチームの支援により、Kiwibotは製品を1週間で迅速に構築し、数日でプロトタイプを作成することができました。
「Vonageの素晴らしいプラットフォームのおかげで、私たちはロボットからのビデオをリアルタイムでシームレスにストリーミングすることができます。30種類以上のAPIプラットフォームをテストした結果、Vonageのプラットフォームが最も優れていることがわかりました」
Sasha Iatsenia、Kiwibot製品責任者
Deskphone with Vonage logo

専門家にご相談ください。