Gettはグローバルなライディングシェアビジネスの成長促進にVonageのSMSとVoiceを選択

Gettは、オンデマンドライドシェアリングビジネスモデルの拡大と顧客体験の改善を目指し、世界中で成長を加速するためにVonageのSMS APIとVoice APIを選択しました。

Gettアプリ使用中のiPhoneXのスクリーンショット

Vonageのソリューションと機能

Puzzle piece

課題

複数の国や地方に拡大を果たしたGettでは、信頼性の高いプラットフォームと優れたカスタマーサポートを提供する単一のベンダーでコミュニケーションを統合する必要があることは明らかでした。また、同社の音声コミュニケーションでは、サイバーセキュリティとプライバシーの侵害が懸念されていました。
Lightbulb

ソリューション

VonageのSMSと音声API
Key

成果

Gettは、複数の地域でのSMSにVonageを唯一のアクセス・管理ポイントとすることで、信頼性レベルを向上し、新たな地域への拡大が可能になりました。Vonage Voice APIにより、プライベートな音声コミュニケーションが可能になり、ドライバーと乗客それぞれの個人情報を保護できるようになりました。

有名な名言を言い換えれば、発明は必要から生まれます。Gettの場合、共同創業者のDave Waiserに必要だったのは、空港に行くためのタクシーでした。

Waiserは、タクシーを待って30分間イライラしている間に、新しいベンチャーのアイデアを思いつきました。2年後の2011年、Gett(旧GetTaxi)はテルアビブで事業を開始し、その後まもなく英国とロシアの複数の都市でライドシェアアプリを立ち上げました。最近では、Gettはニューヨーク市で成長中のライドシェア会社Junoを買収し、米国でのサービスを拡大しました。

Gettのオンデマンドライドシェアリングモデルは、顧客と企業を交通機関でつなぐというシンプルなものです。乗客は、同社のウェブサイトから、または同社のGPSを利用したスマートフォンアプリを使用して、タクシーを依頼します。アプリは現在、iPhoneおよびAndroidプラットフォームで利用可能です。Gettは現在、米国、英国、ロシア、イスラエルの100以上の都市で事業を展開しています。

GetTaxiとしての初期の頃から、Gettのビジネスと評判は急上昇しています。Gai Hanochiは、約4年間、GettのグローバルIT部門の責任者として、MIS、情報セキュリティ、プライバシー、ITシステム部門を統括していました。HanochiがGettに入社したとき、同社には全世界で285人の従業員がいました。現在、従業員数は1,800人を超えています。

世界的に競争が激化しているライドシェア市場において、Gettはどのようにビジネスを差別化しているのかということが、当然の疑問として上がってきます。Hanochiは次のように述べています。「他のグローバルなライドシェア事業との主な差別化要因は、Gettが世界中の10万人を超えるドライバーに提供しているサポートのレベルにあります。Gettは品質を重視し、ドライバーをビジネスの中心に据えることにフォーカスしています。私たちはドライバーに高い時給、アプリ内チップ、24時間365日のライブサポートを提供し、最高のドライバーを生み出しています。最高のドライバーは、乗客に最高品質の移動を提供します。これはシンプルなアイデアです。ドライバーをよりよく扱えば、彼らは乗客をより良く扱うのです」

Vonage APIを介してドライバーと乗客のつながりを維持

Vonageを使用することを決めたのは彼の在職期間よりも前のことですが、他のベンダーをVonage SMS APIに置き換え、プライベート音声通信用にVonageのVoice APIを追加するなど、GettでのVonageの使用を拡大することを選択したのはHanochiでした。Gettは、VonageのSMS APIプラットフォームを次のように利用しています。

  • ドライバーの認証
  • ドライバーのコミュニケーション
  • 顧客の認証
  • 顧客のコミュニケーション

Gett利用者は、アプリを最初にダウンロードすると、登録に使用した電話番号を確認するための検証コードがSMSで送信されます。配車をリクエストすると、利用者はアプリから自動SMS通信で、「今向かっています...5分後に到着します」または、「ドライバーがXX通りの角で待っています」といった通知を受信します。

Gettドライバーは、最初にGettシステムにログインしたときにSMSを介して検証コードが送信され、その後、利用者のステータスに関するメッセージがSMSで通知されます。またGettは、Vonage対応のSMSを介して、アップグレードやその他の関連情報に関するニュースのリンクをドライバーと利用者に送信します。

Gettのもう1つの大きな競争上の優位性は、正真正銘のセキュリティです。同社はISO 27001認定(情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の仕様)を取得し、GDPRに準拠しており、現在クラウドプライバシーのISO 27018認定の取得中です。

「私たちはセキュリティとプライバシーを非常に重視しています」とHanochiは言います。「私たちが直面している最も深刻なリスクの1つは、サイバーセキュリティ侵害の継続的な脅威です。ドライバーと利用者のデータは当社の最大の資産なので、これらのデータの保護に取り組んでいます。ここで重要な点は、ドライバーと利用者がお互いの電話番号にアクセスすることなくコミュニケーションを取れるようにすることです。VonageのVoice APIを使用すると、音声プロキシを使用してこの目標を達成でき、非常にうまく機能しています。個人情報の安全性には自信があります」

Vonage APIによる信頼性、スケーラビリティ、コミュニケーションの向上

イスラエル、英国、米国でVonage APIを長期間使用した後、Hanochiは、他の地域のSMSベンダーをVonageに置き換えることを決定しました。

「1つのプラットフォームで統合したかったのです。それまでの結果に満足していたため、VonageをSMSの使用に関する唯一のアクセスおよび管理ポイントにすることに決めました。私たちは複数の国で事業を行っており、SMS通信を多用しているので、これは私にとって非常に重要なことでした。複数のベンダーと連携するよりも、単一のベンダーを通してコミュニケーションする方がはるかに簡単です」

Hanochiはまた、VonageのSMS APIがより高いレベルの信頼性を提供していることがわかり、献身的なサポートを提供するVonageの能力に対する信頼度が高まったと言います。

「Vonageは真のパートナーであることがわかりました。私が言いたいのは、Vonageは、製品を販売するだけでなく、製品の展開と使用を通じて顧客に寄り添い、その過程で顧客を支援し、サポートしてくれる会社であるということです。新しい製品を導入する際には常に課題がありますが、主な問題は「すべてが完璧かどうか」ではありません。「製品を販売している会社が、問題が発生した場合にどのように対処しているのか」なのです。Vonageは本当に力になってくれました。私たちのために技術サポートを向上させることから始まり、時間や日数に関係なく、私たちが助けを必要としている時には24時間365日体制で仕事をしてくれました」

Vonageの製品の信頼性やサポートレベルの高さを信頼しているだけでなく、Hanochiは「話を聞いてくれた」と感じていると言います。「Vonageは、私たちの要件についての提案に耳を傾け、統合してくれました。実際にベンダーと自分のニーズについて話し、自分の意見が製品自体に反映されるというのは驚きでした。Vonageは本当にお勧めできます」

「Vonageは、私たちの要件についての提案に耳を傾け、統合してくれました[...]。Vonageは、製品を販売するだけでなく、製品の展開と使用を通じて顧客に寄り添い、その過程で顧客を支援し、サポートしてくれる会社です」

GAI HANOCHI(Gett、元グローバルIT部門責任者)

 

Deskphone with Vonage logo

専門家にご相談ください。