CRMとIVRシステムを統合し、インテリジェントでダイナミックなIVRを実現

お使いのCRM向けに設計されたVonage Contact Centerは、顧客データをインサイトと統合し、IVR(自動音声応答)電話システムにより通話をインテリジェントにルーティングします。これにより、顧客のニーズを予測し、記憶に残る体験を提供できます。

プランを閲覧
Illustration of an contact center agent.

接続

CRMデータを利用して個人的なつながりを作り、発信者にCRMデータや通話履歴に基づいた柔軟なIVRメニューオプションを提供します

自分で

既存のケース番号を入力することで、顧客がセルフダイレクトできるようにします - 適切なエージェントに迅速にルーティングできます

管理

顧客が折り返しの電話を要求できるようにし、CRMは折り返しを行うエージェントに顧客データをルーティングすることで、顧客体験を最大限に高めることができます

セルフサービス

顧客が質問に対して直感的に回答することで、適切なエージェントに接続できます。同時に、チームはスタッフを増員せずに大量のコールを処理できます
Person with 3 magnifying glasses.

ダイナミックIVR(自動音声応答)テクノロジーによるセルフダイレクト

顧客は、必要なものがはっきりしている場合は特に、電話の時間を最低限にしたいと考えます。クレジット残高の確認、荷物の配送状況、請求書の支払いや製品の購入など、エージェントと話す必要がない場合、Vonage Contact Centerを使えば、エージェントにつながるのを待つ必要はありません。
  • Vonage Contact Centerをバックエンドウェブサービスに接続して、顧客が必要な情報にアクセスできるようにすることで、エージェントが繰り返しのリクエストに対応する回数を削減することができます
  • チームは顧客のニーズを早期に把握できるため、より適切に準備できます
  • ペイメントゲートウェイと直接通信するPCI-DSS準拠の当社のソリューションを使用して、電話でエージェントレスでカードの支払いを処理することもできます。これにより、顧客の情報が安全に保護され、手間のかからない体験を提供することができます。
Chatbot wearing a headset.

エージェントによる操作なし

ある大手石油化学会社は、Vonage Contact Center for Salesforceを使用して、ガソリンスタンドに対するグローバルなサプライチェーンを簡素化しています。店舗管理者がインテリジェントなIVR(自動音声応答)を使って燃料タンクの測定値を記録できるようにしたことで、エージェントがこのコンタクトを処理する必要がなくなりました。管理者が電話番号をダイヤルして読み取り値を入力すると、エージェントによる操作なしで、IVR(自動音声応答)が読み取り値をSalesforceインスタンスに書き戻します。

  • 発信者をエージェントに案内します
  • 通話相手に応じてIVR(自動音声応答)オプションとメッセージをパーソナライズできます
  • コールバック、情報の提供、PCI準拠の支払い処理を行います
  • CRMに直接入力されるアンケートで、顧客の本音を確認できます
Pictogram of a handset with noise coming out

折り返しのご連絡

インテリジェントなIVR(自動音声応答)を使用して、インバウンドコールのトラフィックをより効率的に管理することもできます。

  • 顧客に待ち時間を回避する選択肢を提供
  • コールセンターのボリュームのピークと谷を調整
  • 折り返す前にエージェントに完全な顧客情報を提供
Bar graph with up arrow

説得力のある投資収益率

エージェントは最も貴重で高価なリソースです。トラフィックが多ければ、より多くのエージェントを雇う必要があるのは当然です。
  • 一般的でシンプルなリクエストにはエージェントレスで対応
  • コストを削減
  • エージェント頼みの複雑で詳細な問い合わせにはエージェントが引き続き対応
IVR(自動音声応答)データシート
Deskphone with Vonage logo

専門家にご相談ください。